Topトレード環境 リモートデスクトップ >「Windowsデスクトップ」の技術





「Windowsデスクトップ」の技術


この「Windowsデスクトップ」のサービスは、Microsoft社の「Hyper-V 2.0」という仮想化の技術により実現されています。
これは1台のコンピューターの上で、複数の仮想サーバやPCを動作させる技術です。

Microsoft社 「Hyper-V」のページ


OSには、強力なセキュリティと信頼性を持つMicrosoft社のWindows Server 2008 R2が採用されています。

スペックとしては、メモリ:1GB/HDD:50GBのリソースが割り当てられます。

リモートデスクトップ機能ではWindows Vista、Windows 7のクライアントから接続した場合にWindows Aero(半透明なウインドウ表示)を有効にすることができます。他にも画像データの圧縮送信に対応し、高画質なビデオでもスムーズに再生できるようになっています。

私は3MBのCATVインターネット環境で利用していますが、ほとんど違和感を感じず操作ができています。
用途によるとは思いますが、トレード画面の設定などで全画面にして使っていると、リモートであることを忘れてしまうほどです。


お名前.com Windowsデスクトップ






ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。