Top日経225先物miniとは >日経225先物とは





日経225先物とは


ここでは日経225先物について少しご紹介していきたいと思います。


日経225先物とは、日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物の取引。
日本では大阪証券取引所に上場されています。
シンガポール(SGX)やシカゴ(CME)にも上場されていますね。

日経平均株価をあらかじめ定められた満期日に、現時点で取り決めた約定価格で取引することを契約する取引で、満期日前に転売することもできます。
金銭の授受は、満期日もしくは転売時の差金決済になります。
買いからでも売りからでも始められます。

日経225先物(ラージ)の最小取引単位は、日経平均株価の1,000倍の数値になります。

例えば日経平均株価11,000円なら

11,000 × 1,000 = 11,000,000円

証拠金も現時点で1枚あたり36万円ぐらい必要になります。
36万で1千万の日経平均株価指数を売り買いするイメージですね。



日経225 自動売買・シストレについては

日経225 情報配信・メルマガについては

ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。